多くの協力を経て、機能性に優れた新デザインに生まれ変わりました!


 JLA溺水防止救助救命本部は、2016年8月に現場の声をお聞きするために11カ所の海水浴場を訪問しました。
 様々なご意見を頂きましたが、そのなかのひとつにJLAパトロールユニフォームに対する改善要望がありました。

 長時間のユニフォーム着用によって擦過傷になるライフセーバーもいたことから、来シーズンにむけて早急にユニフォームの改善が必要だと考えました。

 

 全国の会員に公募した『パトロールユニフォーム検討分科会』が中心となり、機能性に優れたパトロールユニフォームデザインがまとまり、数社のアパレルブランド様の協力のもと、何度もサンプル品を作っていただき、半年の時間をかけ2017年モデルパトロールユニフォームが完成しました。

 

 

改善のきっかけ

2016年8月に溺水防止救助救命本部が、11カ所の海水浴場にパトロールユニフォームの使用感をリサーチし、多くの改善要望案をまとめました。

 

 

公募した分科会

パトロールユニフォーム改善要望案をもとに、『パトロールユニフォーム検討分科会』設立を起案し理事会の承認後、全国に分科会メンバーの公募に至ったのです。

 

 

機能性とコストバランス

複数のアパレルブランド様にプレゼンして頂き、分科会が希望する使用に近い機能性デザインと、コストバランスを勘案しつつ各アイテムは完成しました。

 

 

素晴らしいモデルたち

日本を代表するハイパフォーマンスメンバーの中から、監視業務に対してや、後輩育成への姿勢から人選させていただきました。彼らの笑顔は明るい未来を想像できます。

 

 


  1. 受付開始 5月22日(月)12時より
  2. 出荷予定 6月22日(木)以降順次出荷
  3. お申込みは特設申込サイトより

機能性にこだわったところは


水着

TYR社製とSPEED社製で作成し、1日履き続ける劣悪な環境下での耐久性、股ズレを軽減するため縫製や生地の変更、砂抜けホールありのインナーなどこだわり満載です。

 

 

サーフパンツ

両デザインともユニセックスとしても利用可能です。レデイースSMLの3段階、メンズ28-38の6段階の計9段階設定にしました。腰ひもやポケットなど細部に丁寧なブランドの機能性が活きています。

 

 

パトロールユニフォーム

生産希望の声が多かった長袖と半袖の選択希望になり、しっかりとした生地とサーフブランド『 roial 』の思いの詰まった製品になっています。

 

 

多くのアイテム

待望のラッシュガードや、機能性、デザイン性に優れたサーフハットは、ビーチの雰囲気を、リゾートの雰囲気の中に安心感を与えてくれます。